8台の安価なインクジェットオールインワンプリンターをテスト

もうあまり印刷しませんが、家にプリンターを持っていると便利です。そして、その機能も時々役立つので、スキャンもできるものが好ましい。もちろん、誰もあまりお金をかけたくないので、2つの価格帯で比較的安価なプリンターをテストしました。あなたは100ユーロまでの金額で何を購入しますか、そして約150ユーロではしごを一歩上に上げると何を期待できますか?8つのモデルのテストに基づいて発見しました。

ますますデジタルで実行できるため、印刷はますます少なくなっています。スマートフォンを使って空港にチェックインできるのなら、なぜ搭乗券を印刷するのですか?今日では、オンラインでフォームに記入することがよくあります。その後、デジタルコピーをコンピューターや別の場所に保存します。あらゆる種類のドキュメントを含む物理フォルダはますますまれになっています。また読む:この方法で、タブレットやスマートフォンから簡単に印刷できます。

ただし、ほとんどの場合、パッケージを返品して返品チケットを印刷する必要がある場合や、フォームをもう一度スキャンする前に最初にペンでフォームに入力する必要がある場合など、時々印刷する必要があります。戻る。もちろん、オールインワンのスキャナーは、できるだけ多くの管理をデジタルで実行したい場合に便利です。次に、まだ物理的に受け取っているドキュメント(たとえば、家の購入契約や実店舗から購入した製品の購入レシート)をスキャンして、安全なデジタルの場所に保存できます。

このテストでは、手頃な価格のオールインワンを検討し、最大100ユーロと最大約150ユーロの2つの価格帯を決​​定しました。これは、私たちがインクジェット機に焦点を合わせていることを意味します。なぜなら、この種の量では、レーザー多機能は手の届かないところにあるからです。最終的に、通常のテスト手順に合格した合計8台の多機能プリンターに到達しました。ブラザー、キャノン、エプソン、HPの4つのメーカーから両方の価格帯のプリンターを受け取りました。

スターターカートリッジ

新しいプリンターで特別な「スターターカートリッジ」(セットアップカートリッジとも呼ばれる)を入手するのは新しいことではありません。これは必ずしも明確に示されているわけではありませんが、ほとんどすべての新しいプリンターで、通常のバリアントよりも容量が小さいこれらのカートリッジを入手できます。このようにして、新しいセットをより早く購入する必要があります。これにより、メーカーはプリンターからより早くお金を稼ぐことができます。それは本当にシックではなく、むしろずるいです。ただし、このテストの一部のマシンでは、メーカーは非常に好調です。ブラザーDCP-J562DW、HP Envy 5540、およびHP Envy 7640には、テスト手順を完了するのに十分なインクがカートリッジにありませんでした(合計で約40枚のプリントと、白黒とカラーの両方のプリント、およびテキストと写真の両方で構成されています)。プリント)。特に比較的高価なEnvy7640では、これを正当化することはできません。このモデルでは、すべてのテストを完了するために追加のカートリッジも不足しました。

カートリッジ

より手頃な価格のセグメントでも、主にデバイスが何のために必要かを事前に自問することをお勧めします。定期的に写真を印刷したい場合は、カートリッジが多いほど良いです。このテストでは、2つのCanonとEpson Expression Premium XP-830に4つ以上の標準色(CMYK)が搭載されています。標準の4色のみのモデルは、単独で写真印刷に使用できますが、ほとんど例外なく追加の色を追加すると、印刷品質が向上します。

「通常の」黒のモデルと、フォトブラックの追加カートリッジを備えたモデルがあるのは驚くべきことです。これらの違いは、使用されている原材料にあります。余分な黒のカートリッジを備えたマシンのプレーンブラックは顔料インクで、フォトブラックは染料インクです。ピグメントインクは、水と不溶性粒子の混合物で構成されているため、2つのうちでより高価です。テキスト印刷用の標準紙など、粗い表面に非常によく接着します。染料インクは製造が安価で、可溶性染料から作られています。自然な輝きがありますが、光沢のある写真用紙への印刷に特に適しています。染料インクもより速く退色します。ちなみに、余分なカートリッジがないこのテストのモデルでは、黒いカートリッジに安価な染料インクが入っています。カラーカートリッジは、すべてのモデルで染料インクで満たされています。

2人のHP参加者は、3-in-1カラーカートリッジを使用します。これは昔は非常に一般的でしたが、近年、ますます多くのメーカーがそれから離れているように見えました。いずれかの色がなくなった場合は、他の色がまだなくなっていなくても、HPでカートリッジ全体を交換する必要があります。

ドキュメントフィーダー

よりビジネスに近い傾斜のあるデバイスを探している場合は、ADF(自動ドキュメントフィーダー)を備えたモデルを検討する価値があります。オリジナルのスタックをその中に置くことができ、その後、オールインワンがそれらを次々にスキャンします。このテストでは、ブラザーMFC-J5620DW、エプソンエクスプレッションプレミアムXP-830、およびHP Envy 7640に到達します。ページあたりの価格が明らかであるため、ブラザーはもう少し印刷する予定の人にも明確にされます。最高のは。

接続

接続の分野では、いくつかの点が際立っています。たとえば、ファックスに使用できるモデルは3つありますが、これはもはや特にファッショナブルではありません。より安い価格帯で有線ネットワーク接続がないことも印象的です。より高価なモデルはすべてこの接続を持っています。このテストでは、すべてのデバイスにWiFiとWiFiダイレクトがあります。後者は、誰かにプリンタで何かを印刷してもらいたいが、その人にネットワークへのアクセスを許可したくない場合に役立ちます。このテストのほとんどすべてのプリンターには、SDカードを挿入するオプションがあり、そこからすぐに印刷することもできます。

安いCanonとHPだけがこれを持っていません。このテストでは、USBホスト接続(USBスティックを接続できる)が、より高価な4つのモデル用に予約されています。ブラザーMFC-J5620DW、キャノンピクスマMG7750、エプソンエクスプレッションプレミアムXP-830を使用すると、この接続は、カメラから直接印刷できるPictBridgeにも適しています。これは、HP Envy7640には当てはまりません。一般に、接続数の存在は、Canon PixmaMG5750がこのテストで最も安価であることを明確に示しています。それはこの分野の必需品を提供するだけです:コンピュータに直接接続するためのWiFiとUSB接続。

デュプレックス

可能性に関してもかなりの違いがあります。エプソンエクスプレッションホームXP-435が自動デュプレックスユニットのないこのテストで唯一のものであることは驚くべきことです。平均して約80ユーロで、今日ではそれを見逃してはなりません。両面印刷を行う場合は、最初にこのプリンターで偶数ページを印刷し、次にスタックを裏返してから奇数ページを印刷する必要があります(もちろんその逆も可能です)。エプソンがXP-435のデュプレックスユニットを省略した理由も考えられます。これは、このオールインワンが可能な限り小さくなっているためです。

したがって、XP-435は「スモールインワン」として宣伝されています。デュプレックスユニットはかなりのスペースを占めるため、それを省略することで、その領域でかなりの節約を行うことができます。実際には、それはそれほど悪くはありません。なぜなら、ここでは、紙が後ろで直立して供給されるプリンターを扱っているからです。これを行うには、スタンドを拡張する必要があります。かなりの量のプラスチックも前面から引き出す必要があります。フットプリントの点では、XP-435は最終的にはテストの他の大多数のプリンターよりもそれほど小さくないので、サイズは私たちの意見ではデュプレックスユニットの省略を上回っていません。

スキャン

スキャナーの可能性を見ると、ブラザーの2台のマシンが際立っています。ネットワークの場所にスキャンできるのはこれらだけです。スキャンto電子メールも可能で、これもエプソンとHPのモデルに組み込まれています。つまり、「学習済み」の広い定義を使用する場合です。すべての参加者にとって、これはローカルSMTPサーバーを介してではなく、アドオンを介して行われます。 2人の兄弟では、これを可能にするアプリをインストールする必要がありますが、Epsonsでは、スキャンToクラウド機能の一部です。すべてのマシンで、クラウドを経由します。一般に、これは組み込みのバリアントほど高速ではありませんが、アドレス帳を作成するだけで済みます。さらに、HPを除くすべてのデバイスで、Dropbox、Google Drive、OneDriveなどのクラウドストレージにスキャンする可能性があります。

管理オプション

ブラザーMFC-J5620DWの管理に関するオプションは、このテストの他のモデルよりもはるかに広範囲です。ユーザーごとの印刷回数を追跡し、カラーと白黒の両方で、または白黒のみで印刷する権限を割り当てることも可能です。EpsonsとCanonPixma MG5750を使用すると、管理メニューでインクレベルを表示する以外に多くのことを行うことはできません。

ブラザーMFC-J5620DWは、別の理由、つまり、紙がプリントヘッドを通過する方法でも際立っています。これは横向きモードで行われるため、「幅」です。これにより、このオールインワンは、以前よりもはるかに浅くなります。しかし、それがブラザーがこれを行う主な理由ではありませんでした。これで、A3用紙をプリントヘッドを通過させることもできます。結局のところ、A4シートの高さはA3シートの幅に正確に対応しています。注意:背面のA3用紙を手動でフィードする必要があります。私たちに関する限り、これは大きな付加価値ではありません。特に、完璧に機能しないためです。紙が遠すぎる場合もあれば、十分ではない場合もあります。それはすべて少し近すぎます。

パフォーマンスと消費電力

一般に、特に大規模な印刷ジョブの場合、高価なプリンターは安価なプリンターよりも高速です。 HP Envy 7640は、この規則の例外です。あまりうまく機能していません。あなたがスピードを探しているなら、ブラザーMFC-J5620DWは間違いなく最良の選択です。デュプレックスユニットの速度も参加者間でかなり異なります。ブラザーDCP-J562DWを使用すると、たとえば両面印刷する場合に安全に迂回できます。実際、現時点ではどれもそれほど高速ではありません。そのため、価格のはしごを1つ以上高くする必要があります。ほとんどのモデルでスキャンは非常に高速です。これの例外は、EpsonのExpression HomeXP-435です。彼はこれに十分な時間をかけます。また、この点で、ブラザーMFC-J5620DWは明らかに最速です。ADFの品質を考慮しても。

インクジェットはあまり電力を消費しません、それは当然のことです。レーザープリンターのように加熱する必要はありません。結局のところ、私たちの意見では、プリンターは主にスタンバイ消費に関するものです。なぜなら、それがプリンターが最もありそうな状態だからです。これは、ほとんどすべてのタイプのプリンターで、今では素晴らしく、低くなっています。プリンタの電源が完全にオフになっていることが多く、印刷を開始したときにのみ電源をオンにする場合は、すばやく起動することが重要です。キヤノンは伝統的にこれが非常に得意です。両方のモデルの起動時間が3〜4秒であるため、これらのCanonで印刷できるようになるまで長く待つ必要はありません。エプソンエクスプレッションプレミアムXP-830は、両方のキャノンのすぐ後にあります。

印刷品質

このテストの参加者の印刷品質については、一般的に肯定的です。最高の写真プリントは、追加のカートリッジを備えたプリンターによって作成され、Canon Pixma MG5750、MG7750、およびEpson Expression PremiumXP-830がはっきりと際立っています。ブラザーDCP-J562DWとMFC-J5620DWもこの分野で非常にうまく機能しています。 HP Envy 5540は、実際には写真の印刷にはあまり適していません。エプソンエクスプレッションホームXP-435は少し良くなりますが、私たちの好みには少し色あせたプリントも生成します。 HP Envy 7640は順調ですが、あまり感心していません。

テキストに関しては、Epson Expression Premium XP-830とHPの両方のモデルが、シャープネスと黒化の両方で明らかに際立っています。Canon Pixma MG5750およびMG7750は、鮮明度の高いテキストを生成しますが、黒さは少なくなります。ブラザーDCP-J562DWで印刷されたテキストは、実際にはシャープでも濃い黒でもありません。ブラザーMFC-J5620DWでは、テキストは十分にシャープですが、わずかに黒くなっている可能性があります。最後に、Epson Expression Home XP-435は美しい黒いテキストを生成しますが、実際にはシャープではありません。

結論

手頃な価格のオールインワンをお探しの場合は、メーカーがそれほど多くなくても、まだ多くの選択肢があります。私たちの意見では、このテストで最高のマシンは間違いなくブラザーMFC-J5620DWです。他の参加者よりも印刷品質がわずかに低い場合がありますが、大幅に高速で、多くの可能性があります。このオールインワンは、「ベストテスト済み」という名称で実行されます。印刷品質が最も重要な場合は、Epson Expression PremiumXP-830が最適です。あなたが(まあ)100ユーロ未満を使うことを好むなら、私たちの意見では、最良の購入はCanonPixmaMG5750を使うことです。可能性はやや限られていますが、確かに説得力があり、比較的安価です。パフォーマンスよりも可能性の方が重要だと思いますか?次に、ブラザーDCP-J562DWを確認することもできます。

表(pdf)には、テスト済みの8台のオールインワンプリンターのテスト結果が記載されています。

印刷コスト

大量に印刷する場合、長期的には、プリンターの印刷コストはプリンターごとに大幅に異なる可能性があります。したがって、このテストでは、すべてのモデルの1ページあたりの価格を計算しました。消費されるインクのみに基づいています。実際には、紙の価格もこれに追加され、消費電力と購入価格が直接わずかに少なくなります。これらの総コストは、tcoまたは総所有コストとも呼ばれます。下の表から、使用されているインクだけを見ると、ブラザーMFC-J5620DWが最も安価であることがわかります。HPはここでもかなり良い仕事をしています。また、Epson Expression PremiumXP-830のコストが比較的高いことも注目に値します。