これが古いLPをデジタル化する方法です

ビニールが復讐に戻ってきました。アーティストは再びこの伝統的なサウンドキャリアで音楽を一斉にリリースし、売上高は増加しています。自分のLPを軌道に戻す時が来ました。外出先やPCで音楽を聴くことも楽しんでいますか?古いLPをデジタル化できます。お気に入りのアーティストの話を永遠に聴きましょう!

ヒント01:なぜデジタルなのですか?

ビニールコレクターは、アナログ音楽コレクションのデジタルコピーを保存するのにも適しています。LPは損傷に対して非常に脆弱です。すべての引っかき傷は、たとえば、オーディオ再生でのクラッキングまたはタッピング音として聞こえます。深い損傷の場合、プレートがスキップすることさえあります。LPを積み重ねたり、太陽の下に置いたりすると、LPが歪むリスクもあります。また、再生頻度が高いと、摩耗によりゆっくりと、しかし確実に品質が低下します。レコードの音楽に無限の命を与えたいのなら、デジタルコピーを保存するのが賢明です。追加の利点は、スマートフォン、タブレット、ポータブルミュージックプレーヤー、カーラジオ、PCなどのさまざまなデバイスで自家製のMP3またはflacファイルを再生できることです。

コードLPをダウンロード

新しいLPでは、音楽をデジタル化する必要がないことがよくあります。これは、大手レコード会社が通常、独自のダウンロードコードをスリーブに入れているためです。これにより、アルバム全体のMP3をインターネットからダウンロードできるため、デジタルで楽しむこともできます。LPカバーにCDが入っていることもあります。

ヒント02:レコードを洗う

LPをデジタル形式で保存する前に、問題のレコードを完全にクリーンアップすることをお勧めします。デジタル化はリアルタイムで行われます。録音中にひび割れやタップ音が聞こえた場合、この欠陥はデジタル版でも発生します。 LPはいくつかの方法でクリーニングできます。安価な解決策は、特別な帯電防止ブラシを使用してプレートからほこりを拭き取ることです。さらに、特定のクリーニング製品も販売されています。たとえば、Knosti Disco Antistatは、ビニール愛好家の間で非常に人気があります。この装置は、ユーザーが洗浄液を注ぐブラシが組み込まれた狭い容器で構成されています。このコンテナ内でLPを回転させることにより、LPをクリーニングできます。次に、洗浄したプレートを水切りで乾かすだけです。Knosti DiscoAntistatの価格は約50ユーロです。ひどく汚れている多くのレコードをデジタル化したいですか?おそらく、電気レコード洗浄機はあなたのためです。いわゆるオッキノッキはそのよく知られた例です。 LPをプラットフォーム上で回転させ、洗浄液を塗布します。ブラシで溝に液体を広げます。その後、統合された真空クリーナーを使用して、緩んだ汚れを掃除機で吸い取ることができます。あなたのレコードは再び新しいように見え、聞こえます。電気記録洗浄機はかなり高価です。たとえば、おっきのっきは約450ユーロです。一部のハイファイストアでも、電気レコードウォッシャーを日割りで貸し出していることを知っておくとよいでしょう。いわゆるオッキノッキはそのよく知られた例です。 LPをプラットフォーム上で回転させ、洗浄液を塗布します。ブラシで溝に液体を広げます。その後、統合された真空クリーナーを使用して、緩んだ汚れを掃除機で吸い取ることができます。あなたのレコードは再び新しいように見え、聞こえます。電気記録洗浄機はかなり高価です。たとえば、おっきのっきは約450ユーロです。一部のハイファイストアでも、電気レコードウォッシャーを日割りで貸し出していることを知っておくとよいでしょう。いわゆるオッキノッキはそのよく知られた例です。 LPをプラットフォーム上で回転させ、洗浄液を塗布します。ブラシで溝に液体を広げます。その後、統合された真空クリーナーを使用して、緩んだ汚れを真空引きできます。あなたのレコードは再び新しいように見え、聞こえます。電気記録洗浄機はかなり高価です。たとえば、おっきのっきは約450ユーロです。一部のハイファイショップでも、電気レコードウォッシャーを日割りで貸し出していることを知っておくとよいでしょう。電気記録洗浄機はかなり高価です。たとえば、おっきのっきは約450ユーロです。一部のハイファイストアでも、電気レコードウォッシャーを日割りで貸し出していることを知っておくとよいでしょう。電気記録洗浄機はかなり高価です。たとえば、おっきのっきは約450ユーロです。一部のハイファイストアでも、電気レコードウォッシャーを1日料金で貸し出していることを知っておくとよいでしょう。

デジタル化する前に、LPレコードを完全にクリーンアップしてください

ヒント03:接続する

レコードコレクションをデジタル化するには、最初にレコードプレーヤーを(間接的に)コンピューターに接続します。それはさまざまな方法で行うことができます。従来のターンテーブルは、独自の音楽を非常に小さい音量で再生するため、曲を直接コンピューターに転送することはできません。これは、増幅された信号が必要なためです。そのため、レコードプレーヤーが接続されている(プリ)アンプまたはレシーバーにPCを接続します。多くの(プリ)アンプには、レコードプレーヤーからコンピューターにサウンドを送信するためのアナログ出力があります。通常、この出力はテープ出力または記録でマークされます。ちなみに、プリアンプを内蔵したレコードプレーヤーもあります。これらのデバイスはすでに増幅された信号を送信しているため、コンピュータに直接接続します。通常、プリアンプを内蔵した(プリ)アンプまたはレコードプレーヤーには、2つのRCA出力が含まれています。その場合、もう一方の端に2つのRCAプラグと3.5mmプラグが付いたアダプターケーブルが必要です。次に、この3.5mmプラグをPCの青い線入力に接続します。

ヘッドフォン出力

アンプにはアナログRCA出力がありませんか?または、ヘッドフォン出力を使用してオーディオデバイスをPCに接続します。3.5 mmのサウンド出力では、通常のミニジャックケーブルを使用してPCの青いライン入力に接続します。多くのアンプとレシーバーは、前面に6.35mmのサウンド出力を備えています。その場合でも、標準のミニジャックケーブルを接続できるように、特別なアダプタープラグが必要です。または、片側に3.5mmプラグ、反対側に6.35mmプラグのケーブルもあります。

ヒント04:USBプリアンプ

実際には、接続されたレコードプレーヤーを備えた(プリ)アンプをPCに接続することはしばしば不便です。たとえば、すべての機器間の距離が長すぎるか、適切なケーブルが手元にありません。もちろん、適切な(プレ)アンプがない可能性もあります。いわゆるフォノUSBプリアンプは、このような状況での優れたソリューションです。少なくとも2つのRCA入力とUSB接続が含まれています。このデバイスは増幅された信号をPCまたはラップトップに送信するため、記録プログラムを使用して再生を簡単に記録できます。 USBプリアンプはさまざまな価格帯で入手できます。 MAGIXは、Save yourLPsパッケージで興味深いソリューションを提供します。ドイツのメーカーは、USBプリアンプに加えて、音楽をデジタル録音するためのオーディオクリーニングラボプログラムも提供しています。 LPのMAGIXRedの推奨小売価格は79.99ユーロですが、多くの(Web)ショップがより安い価格で製品を提供しています。

ヒント05:USBレコードプレーヤー

最近のレコードプレーヤーの多くは、すでにUSB接続を備えています。 PCに接続するために追加のデバイスやケーブルは必要ないため、便利です。 USBレコードプレーヤーをコンピューターに接続するとすぐに、別のドライバーをインストールする必要があることがよくあります。システムは、USBターンテーブルを別個の音源として検出します。 LPをデジタル化するために、高度なUSBレコードプレーヤーをPCに接続する必要はありません。代わりに、USBスティック(またはSDカード)をハウジングに挿入します。次に、レコードプレーヤーは曲からMP3ファイルを作成します。ちなみに、このような製品には、各曲の開始と終了を手動で決定するための個別の録音ボタンがあります。良いことは、USBレコードプレーヤーの多くのメーカーが、LPをデジタル化できる独自のプログラムを提供していることです。

一部のUSBターンテーブルは、LPからの音楽をUSBスティックに直接配置します

ヒント06:オーディオクリーニングラボ

MAGIX Save your LPsパッケージは、USBプリアンプとAudio CleaningLabプログラムで構成されています。つまり、LPコレクションを任意のレコードプレーヤーでデジタル化するための完全なソリューションです。この製品は広く入手可能であるため、デジタル化プロセスがどのように機能するかを説明するためにソフトウェアを使用します。この記事の後半では、無料のAudacityプログラムについても説明します(ヒント10を参照)。 MAGIX USBプリアンプをPCに接続するとすぐに、Windows10はこのデバイスを自動的に認識します。入力時スイッチをフォノに設定します。大多数のターンテーブルにはmmカートリッジが付いているので、その場合はプリアンプのスイッチをMMに設定してください。ちなみに、このプログラムは、別の(プリ)アンプを介してレコードプレーヤーを接続している場合にも非常に役立ちます。オーディオクリーニングラボのインストール後、録音ウィンドウがすぐに表示されます。

ヒント07:記録設定

Audio Cleaning Labは、接続された(プリ)アンプまたはプリアンプを内蔵したレコードプレーヤーを記録デバイスとして認識することが重要です。まず、接続されたターンテーブルでLPを再生します。最初は音が出なくても構いません。起動し、その後オーディオクリーニングラボをしてセクションで選択したインポートのためのLp。VIAはリッスン中であなたがPCのスピーカーは、レコードプレーヤーの音を再生するかどうかを確認してください。そうではありませんか?次に、[設定][オーディオ入力]を選択します。オーディオ入力次に、正しい入力ソース、つまりUSBポートまたはアナログライン入力を選択します。(プレ)アンプまたはレコードプレーヤーの名前がここに表示される場合があります。ソフトウェアが許容可能な音量レベルを自動的に選択するように、[自動レベル調整]オプションをオンにすることをお勧めします。まだ音が聞こえませんか?Windowsが間違った再生デバイスを選択した可能性があります。移動し、Windowsのミキサーその後、再生する再生したいデバイスを選択し、。通常、ここでは、接続されているPCスピーカーまたはモニターの統合スピーカーを選択します。開いているすべてのウィンドウを[ OK][閉じる]で閉じます

ヒント08:オーディオ形式を選択する

もちろん、LPの曲を正しいオーディオ形式で保存して、音楽ファイルをお気に入りのデバイスで聴くことができるようにする必要があります。 [設定詳細]をクリックします。することにより、デフォルト、波がために選択されている記録フォーマット。この非圧縮オーディオ形式には、かなりのストレージスペースが必要です。MP3の代わりに選択できるので、どのスマートフォンや最新の音楽プレーヤーでも曲を再生できます。でフォーマットオプション最大320kbit / sで希望の品質を自分で設定します。Mp3には、高圧縮のために品質の低下が常に発生するという欠点があります。その場合は、flacファイル形式の方が適しています。圧縮が適用されますが、このオーディオ形式は通常、ソースと同じオーディオ品質を維持します。FlacはMP3よりも多くのディスクスペースを占有します。選択を行い、ファイルパスの後ろにあるフォルダアイコンをクリックして、保存場所を選択します。最後に[ OK][閉じる]で確認します

ヒント09:音楽を録音する

LPをデジタル化する時が来ました![記録]ボタンをクリックして、目的のスロットからLPを開始します。これには、適切なタイミングが必要です。オーディオクリーニングは、レコードのサウンドをデジタル音楽ファイルにリアルタイムで記録するようになりました。対応するオーディオウェーブがメインウィンドウの画面に表示されます。必要に応じて、垂直スライダーを使用して録音レベルを調整します。これは、音量レベルの設定が高すぎることをソフトウェアが赤い文字で示している場合に特に重要です。曲が終わったら、もう一度[録音]をクリックして録音を終了します。最後に、[ OK ]をクリックします。

録音ボタンをクリックして、目的のスロットからLPを開始します

スプリットミュージック

各曲を個別に録音する代わりに、レコードの片面全体をキャプチャすることもできます。明らかに、音楽ファイルを別の曲に分割する必要があります。これについては、オーディオクリーニングラボに問い合わせることもできます。で選択のインポートファイル。次に、問題のオーディオファイルを保存したフォルダを参照し、ダブルクリックします。録音のオーディオウェーブが画面に表示されます。秘訣は、垂直再生マーカーを曲の真正面に配置することです。必要に応じて、下のコントロールボタンを使用してこのトラックを慎重に見つけ、再生を一時停止します。次に、左側のはさみを使用して、オーディオトラックを2つの部分にカットします。最初のオーディオ部分をクリックして、Deleteキーを押します。次に、再生マーカーを曲の最後に直接配置します。その後、はさみをもう一度使用します。最後の部分を削除します。これで、ファイル/オーディオのエクスポートを介して曲を保存する必要があります。これを行うには、目的のオーディオ形式を選択し、で確認しますエクスポート

ヒント10:大胆さ

商用のAudioCleaning Labプログラムの代わりに、無料のAudacityを使い始めることもできます。このオランダ語のオーディオプロセッサの可能性はほぼ同じですが、難易度は少し高くなります。ここからソフトウェアをダウンロードします。インストール後、やや裸のユーザー環境になります。マイクアイコンの後ろにあるツールバーの上部で、正しい音源、つまり接続されている(プリ)アンプまたはレコードプレーヤーを選択します。ステレオで録音する場合は、オプション2の録音チャンネルも選択します。最後に、AudacityがPCスピーカーを認識するかどうかをバックフィールドでチェックして、録音中に音楽を聴くことができるようにします。

ヒント11:録音を行う

もちろん、レコーディング中に聴きたいです。これを行うには、設定に飛び込みます。Edit / Preferences / Recordingに移動し、Softwareplaythroughオプションをチェックします。次に、[ OK]クリックしてウィンドウを閉じます。 Audacityで簡単に録音を開始できます。つまり、ツールバーの赤い[録音]ボタンをクリックします。次に、LPの目的の溝に針を置きます。必要に応じて、ツールバーのマイクの後ろにあるスライダーを使用して、音量レベルを調整します。録音を終了するには、黄色の[停止]ボタンをクリックします。デジタル化された音楽をオーディオファイルとして保存するだけです。ファイル経由/オーディオをエクスポートし、目的のストレージフォルダを参照します。次に、ファイル名を入力し、目的のファイル形式を選択します。wav、aiff、flac、wma、mp3から選択できます。ただし、MP3ファイルを保存するには、追加のツール、つまりいわゆるLameエンコーダーが必要です。このツールはここからダウンロードできます。選択した形式に応じて、必要な品質を設定することもできます。最後に、[保存]をクリックします