Windows10用のUSBブートディスクを作成する方法は次のとおりです

有効なWindows10ライセンスをお持ちの場合は、USBブートディスクを簡単に作成できます。これは、PCを起動する必要がなくなり、デバイスにCD / DVDプレーヤーがない場合に役立ちます。ここでは、Microsoft自体のツールであるメディア作成ツールを使用して、USBスティックからWindows 10USBブートディスクを作成する方法を示します。

光ドライブを搭載するデバイスはますます少なくなっているため、Windowsを再インストールする必要がある場合に備えて、USBスティックにブートディスクを配置すると便利です。Windows 10は、以前のWindowsバージョンでは提供されていなかったメディアであるUSBスティックで購入できます。ただし、起動可能なUSBドライブを自分で作成することもできます。ここではその方法を説明します。

コマンドプロンプトを使用して、このプロセスを手動で実行することもできます。これについては、この記事の後半で説明します。

あなたは何が必要ですか?

これには明らかにUSBスティックが必要です。少なくとも4ギガバイトのストレージ容量が必要ですが、より大きなドライブを使用すると便利です。さらに、ハードドライブに約6〜12ギガバイトの空き容量(選択したオプションによって異なります)と良好なインターネット接続が必要です。

メディア作成ツールの使用

Microsoft自体は、Windows 10の最新の2018年10月の更新で提供される、ブートディスクを作成できるツールを提供しています。いわゆるメディア作成ツールは、ここからダウンロードできます。サイトで、[ダウンロードユーティリティ]ボタンをクリックしてツールをダウンロードします。

お使いのバージョンを確認するには、スタートボタンを右クリックして[システム]を選択します。次に、システムに関するあらゆる種類の情報が表示されます。[システムタイプ]で、Windows10のバージョンが32ビットか64ビットかを確認できます。

ツールをロードしたら、今すぐPCをアップグレードするか、別のPCのインストールメディアを作成するかを選択できます。後者のオプションを選択し、[次へ]をクリックします。

次に、目的の言語、エディション、およびアーキテクチャを選択する必要があります。クリーンインストールを実行する代わりにアップグレードする場合、このデータは現在のWindowsインストールと一致する必要があります。あなた自身のPCに関するこのすべての情報は、上記のようにシステムで見つけることができます。

次に、ツールは、プロセスを完了するのに十分な空き領域がハードドライブにあるかどうかを確認します。そうでない場合は、スペースを解放して最初からやり直す必要があります。

起動可能なUSBスティックを作成する

次の画面で、USBスティックとISOファイルのどちらを作成するかを指定する必要があります。ここでUSBスティックを選択します。USBスティックをPCに接続し、[次へ]をクリックします。

次に、リムーバブルストレージメディアのリストからUSBスティックを選択し、[次へ]をクリックします。注:USBスティックは完全に消去されるため、重要なファイルが含まれている場合は、最初にハードドライブにバックアップしてください。USBスティックをフォーマットする準備ができたら、もう一度[次へ]をクリックします。

これで、Windows 10がダウンロードされてUSBスティックに配置され、USBスティックから起動できるようになります。ただし、Windows自体のUSBスティックからインストールを開始することもできます。

コマンドプロンプトの使用

コマンドプロンプトを使用して、ダウンロードまたは作成したISOファイルをUSBフラッシュドライブに転送できます。開始ボタンをクリックし、コマンドプロンプトを入力して、検索結果を右クリックします。管理者としてプログラムをロードすることを選択します。

[コマンドプロンプト]ウィンドウで、コマンドdiskpartを入力し、Enterキーを押します。USBスティックをPCに接続し、リストディスク入力して、Enterキーを押します。リストから、USBスティックのサイズを確認してください。

select diskと入力し、続いてUSBスティックに関連付けられている番号を入力します。ヒット入力します。ここで、cleanと入力して、USBスティックからすべてのデータを取得し、Enterキーを押します。

起動可能にする

USBドライブが完全に消去されたら、ドライブが起動可能であることを確認します。これを行うには、次のコマンドを入力し、それぞれにEnterキーを押します。

パーティションプライマリを作成します

パーティション1を選択

アクティブ

フォーマットfs = fat32

USBスティックはFat32形式にすばやく消去されます。USBスティックのサイズによっては、時間がかかる場合があります。

プロセスが完了したら、コマンドassign入力して、Enterキーを押します。これで、USBスティックに文字が割り当てられました。この手紙を覚えておいてください。

ファイルを転送する

これで、作成またはダウンロードしたISOファイルをマウントし、コマンドプロンプトを使用してUSBドライブに転送できます。ただし、これにはエクスプローラーを使用する方が簡単です。ISOファイルを抽出し、その内容をWindowsExplorerのUSBスティックに配置するだけです。

コマンドプロンプトを引き続き使用する場合は、最初にdiskpartを閉じ、コマンドプロンプトを閉じて、ISOファイルをマウントします。コマンドプロンプトをもう一度開き、次のように入力します。

xcopy g:*。* / s / e / fh:

ここでは、入力しなければならない文字のためのグラムあなたのマウントされたISOファイルに属し、用H USBメモリに割り当てられている文字を。

間に大きなファイルがあるため、プロセスが完了するまでに時間がかかる場合があります。すべての準備ができたら、コマンドexitと入力して完了です。